中古戸建てを買うメリット

私は中古の戸建てを購入したのですが、新築も中古も調べ見て回り、一生懸命計算した結果、中古戸建ての方が得かなと思い、築20年の中古戸建てを購入しました。

まず、新築だと、価格が高いのは勿論ですが、住んだ瞬間に中古となり、価値が2割下がると言われています。また、上物(家)の価値が高いので、固定資産税にそれが加味され、馬鹿にならない税金を払うことになります。

 

ところが、上物が20年たつと、資産価値はゼロと言われており、ほぼ土地の値段だけで、土地と上物が買えてしまうんです。勿論、築20年なので、ところどころに痛みがあるでしょうが、購入前に専門家に検査に入って貰えば問題ありませんし、すでにリフォームしている中古戸建てもあります。

 

また、このような中古戸建てを購入してからリフォームしても、土地代にもよりますが、新築の1/3ほどで綺麗な家が手に入ってしまいます。

 

なんでも新品じゃなければ嫌で、中古は駄目と言う人もいるのですが、新築に拘りさえしなければ、安く購入出来、固定資産税も安く、思い切ってリフォーム出来るので、見方を変えれば中古戸建ての方が良いかもしれません。