中古住宅の購入にはリフォーム費用を考えて

中古住宅を購入する際は、「リフォームがいくらぐらいかかりそうなのか」といったことも、しっかりと考えておかないと、非常にまずいことになりますよ。

 

「非常にまずいこと」を具体的に言いますと、「中古住宅のリフォーム費用がかかりすぎることになる!」ということですよ。 だって、購入した中古住宅のリフォーム費用が1千万円越えになるということも、わりとある話ですからね。

 

まあフルリフォーム自体が8桁越えの費用になったりしますから。水回りの主要な住宅設備をすべて入れ替えますと、ぴょーんと高額になっていきますからね。

 

水回りの住宅設備だけでかる〜く500万円を超えていったりしますから。 そしてさらには床材の張り替えや壁紙の張り替え、さらには配管にまでリフォームの幅が広がったら、それはもう1千万円越えになっていったりするというものですからね。

 

それならば新築マイホームを選びたいというものでしょう。 ですからこそ、中古住宅を購入する際には「リフォームの見積もり」を出すことが大事というわけなのです。